平原綾香

平原綾香
っていいですよね。
歌うまいし。
かわいいしね。
こえがしっとりしているというか。癒される。

Amazon:平原綾香ストア








スポンサーサイト

日本、政治

もうすぐ選挙。

政治家はいろいろな面で、国のために、国益のために、動いてほしい。

そんなこんなで読んでみた本。



知っていたのだと思う。

警察は、かなりの部分知っていて、でもマスコミには流さなかったのだと思う。

ある程度賢明な判断かもしれない。

情報が流れることで、やりにくいことがあるから。

それにしても残念なことだけれど、その事実しか知らないわけで
過去の事や何もかも打ち消されてしまう。

気が強い人だと。

よく
裏の顔があるというが
だれでも裏の顔はあるだろう。
それが、悪いかどうかというだけ。

祭りの後

片付けをしてきました。

たいしたことはしてませんが。

案はない…

わかっていたはず…
のつづきですが、

確かに僕には、案はありません。
「ないやんけ」という状態。
そんなことはわかっているというのが、諸先輩方だと思う。
先輩方と比べれば負担も減ったし、シンプルになってきている。

誰もが考えること。
人員の最適化(減らす)
統合。
若い者を入れるか(20代前半)
OBをふやすか。OBをいれることは、現実問題有効だと思います。特に地元で働いている方は、我々より初期活動ができる可能性が高い。
少なくとも、車は地区の中央か入り口に置かなければいけない。(そうなるだろうけれど)
負担のかかる行事の削減(4年に一度も問題なのかわからないが)


僕は後輩から依頼があればでた後も再入はあると思います。すぐには無理かもしれませんが。
それをしたとしても人が足りない。


まあ、あまり大きいことは言わないで起きます。

続きを読む »

勝負の8月か

7月に比べて、8月は忙しい。
勤務地もかわったし。

覚えることはおおい。
人とのコミュニケーションもおおい。

さて
8月・9月の動きや仕事ぶりなどは、よく見られていると思う。
小さな所からでも。
あと、いろいろな人から。
勝負か?
いや、自分の持てる力以上のものはだせないから、自分のできることをしっかりやりたい。


僕の武器は少ないけれど、
すこしでも貢献していきたい。

インプレッサ

スバルの中ではもっともポップで、かつスポーティなモデルなはず。

インプレッサ。

なかなか売れてないのかな。


現行モデルを代車で乗ったときは、気軽に乗れてよかったけどね。
1.5Lはちょっとトルク不足かな。
しなやかで乗り心地はよい。


初代が一番好きかな。乗ってたしC'z。
WRCで活躍してたし、スポーティなイメージもありつつ、気軽。

2代目はデザインで苦しんだ。
フロントを丸め、涙目、最終形と大きく変えるモデルもなかなかすくない。
丸めをかっこよくできなかったのかな?
セリカST205は3ドアハッチバックだからかっこよかったのだろうか?

3代目は、ハッチバックとセダン。
悪くはないが、なんか特徴が薄い。
スポーツワゴンは面白い存在だったんだけどな。
FFでいいなら、アクセラの方が押し出しが強くて良いと感じる。
乗り心地やしなやかさは感じた。


レガシィ論

新型レガシィ。

WebCGの記事

一度試乗はした。
TWの2.5iLパッケージ。
CVTの音が少ししたが、乗り心地もよく加速もよかった。
大きいが慣れればいいかもしれない。
後部座席の広さは良い。

スタイル
実際に見るとそんなに悪くはない。
確かに背は高い。だから、ずんぐりむっくりしている。

続きはまた書きます。

わかっていたはず…

人がいない。

こういう人員状況になるのは、わかっていたはず。
ちょっと考えればね。
特に、状況が目に見えているとき、それまでの任期でやめた人というのは、
ちょっと違うのではと思う。

たしかに、強制ではないし、ボランティアである。
僕だって、いつどうなるかなんてわからないし、大阪に行ってくれと言われる可能性も否定できない。
体調の問題もあるから、正直しんどいこともある。できないことはない。変な目で見られながらやるのはツライものだ。まあどうでも良いんだが。
他地区の現実をみるともっともっと長い人もいる。
自分が25以降で入団したのに、それより若い者を20代前半入団させるのはあまり良いとは考えない。個人的な意見を言わしてもらえれば。
でも、それはその時の長や、若い人が考えればいいと言うこと。


2012年ぐらい、一つの山が来る。
僕の下のものが中心になって、抱える問題。

僕が作った資料というのは、計算のみで、しょうもないものかもしれない。
今のまま行けばいつ頃苦しくなるかということを知りたかったのはある。
それを知らせたかったのもある。
もちろん仮定はある。
「いけるところまでいけ!」というのは、実際にやらない人が言う言葉であって、そのとき実際にいる人が言える言葉ではない。
わかっているのなら、それなりに対処を考えられるのではないだろうか。意識づけも含めて。
その時状況が変わる可能性も大いにある。その時になってみないとわからないというのもわからないでもない。


話はかわるが、Kさんと、Tさんの副団長も結局自分の輝きだけだなぁ-。
もう少し変えようとか考えられんのだろうか。少なくとも方向性。
来年操法2カ所でないといけないようでは、どうかと思う。簡素化という意味で。やるならそれをやる意味を説明してほしいものだ。
だけどもだっけど、そういう人たちだからね。

なんでやねん。

しっかりしてほしいなぁと思う事が有った。

2度目。

確認するためにいろいろしているのに、確認せず、僕に疑いをかけるなんて。
結局相手の確認ミス。

気を遣ってくれたのだろうけど、そこはメールではなく電話だな。逆に僕もメール作るのめんどうで
伝わらないので、電話した。

結構わかりやすくしたつもりだが、なんだかダメみたい。


そういうタイプの人だ。
こちらも十分に配慮しなくてはならない。
もう少し方法を考えよう。

運転

車のことは好きですが、
実際の車の運転はへたくそです。
スムーズではない。

車いじりもしないしね。

とくに普段乗っていないMTは、今ひとつです。

あと、車の大きさや感覚をつかむのがへたくそです。

積載車の運転も、うまい人はスムーズだし、ね。

そんなこんなで、やっぱり不向き…


総出

先週26日の総出はお疲れ様でした。

大変な雨の中でした。

大変助かりました。


こんな本も読むと良いんだろうな。



読むこと。
実践すること。

オードリー

DVDまだ見てない。
トゥース


プロフィール

Go@Y

Author:Go@Y
40才、男
--好き-----
・WRC
・青色
・Subaru
仲間由紀恵

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる