ふるえ その2

大学3,4年は振るえがでながらの学校生活だったが、3年は緊張する場面も少なく
乗り越えられた。
しかし、4年は卒業論文を仕上げないといけない。
夜遅くなったり、なかなか厳しい時期もあった。
発表の時には、かなり緊張して振えていたと思う。

それでも今よりは弱かった。
薬がつよかったのか、症状がおちついていたのか。

当時、心療内科に通院。
はっきりとは覚えてないが、
デパスとアルマール(アロチノロール)だったと思う。

しかし、震えが始まると、あまり効いてなかったような気がする。
スポンサーサイト

ふるえ

大学の時だった。
首の振るえがでてきたのは。
それでも、ずっと振えているわけではなかった。
いまでもわからないがときどき。
原因はわからない。

不規則な生活をしていたかもしれないけど、それでも他の人と変わらなかったと思う。

祖父がなくなり、戻った時に母に指摘された。
「首が震えている、医者にいきなさい」

医者にかかろうとは決めていた。
何科?

とりあえず病院の神経内科だっただろうか?

本態性振戦というやつ

僕は本態性振戦という病気と診断されている。

少しずつ、書きたいと思う。

過去から今。
薬。

結局

色々とあり、
結局、2008年の状況に戻ってしまって、数ヶ月。
仕事、失業。

いや、年齢が32から38になった分、不利。

得たキャリアもあるのだが、年齢的には足りないし、この辺で働くとしたら
その知識、経験はいらない。逆に不利。

今後20年、少なくとも10年働くと考える。

そうするとわけがわかんなくなる。
飛びつくと、2,3年後に苦しくなる。


腹痛2014年5月2日

朝、お腹の強い痛みで目が覚めた。
胃のあたりと、少し下の右側。

苦しかったが、パンを食べて1時間ほどで、治まった。
胃薬は飲んだが。
良かった。

コーヒーをのみすぎたのだろうか。
夜にお菓子とか食べたのが良くなかったのだろうか。
缶ビールも飲んだが。

以前6年ほど前に逆流性食道炎(軽度)になってた事がある。
これも2、3年前は異常なしになったが。

何度かあるようだと、医者かな。
プロフィール

Go@Y

Author:Go@Y
40才、男
--好き-----
・WRC
・青色
・Subaru
仲間由紀恵

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる